婚約指輪を選ぶ基準はダイヤモンド?

婚約指輪や結婚指輪に使われているダイヤモンドはブライダルに大変人気のある宝石です。

【参考までに】銀座ダイヤモンドシライシ

ダイヤモンドには「カラット」や「エクセレント」などの評価基準があり、安い買い物ではありません。

安い買い物ではない、一生ものの指輪だからこそ良いものを買いたい、そう思っても気になるのは婚約指輪と結婚指輪の相場ですね。

そこで、婚約指輪選びをご紹介していきます。

ダイヤモンドの品質を定めるものに「4C」というものがあり、「カラット・カット・カラー・クラリティ(透明度)」の4つで評価されます。

カラットが大きいからといって、輝きの度合いが大きいものでもなく、反対にカラットが小さくてもカットによってとても輝き、その度合いがかわります。

婚約指輪の値段はブランドやデザインによっても大きく変動するので、カラット数=ダイヤモンドの値段ではありません。

◆カラット:宝石の重さを表す単位。

1カラット約200ミリグラム(=0.2グラム)が規定とされています。

カラット数が大きいほど石も大きくなり、婚約指輪は0.3カラット前後が平均です。

◆カット:全体的な形のバランス、研磨状態レベルのことです。

このカット技術が高ければ高いほど、宝石の輝きが増して値段も上がります。

このカットは5段階評価で分けられ、評価のいい順に「EXCELLENT(エクセレント)」「VERY-GOOD(ベリーグッド)」「GOOD(グッド)」「FAIR(フェアー)」「POOR(プワー)」の5つです。

◆カラー:宝石の色。

D~Zまでの23段階にわけられ、ダイヤモンドの色が無色に近いほど最高ランクの「D」となります。

無色透明のダイヤのほうが光を通して美しく輝きます。

◆クラリティ:透明度のこと。

天然のダイヤモンドは大地のなかで生成されたとき、傷や不純物といったすでに石のなかに入っていた内包物がついてしまい、この内包物が少ないほど価値があがります。

こちらは11段階で評価し、無傷の「フローレス」が最高級で、肉眼で確認できない「スライトリーインクルーレッド」以上のものであれば問題ありません。