ここだけのバイク講座

MENU
バイクの免許の種類と取得費用
MENU
バイクの初心者が安全に乗るために気をつけたいこと
MENU
バイクで必要な保険と税金について
MENU
バイクの維持費はどれくらいかかる?
MENU
バイクに乗る時におすすめのスタイル
MENU
初心者のバイクの選び方について

バイクの初心者が安全に乗るために気をつけたいこと

ここだけのバイク講座のメインimage

バイク初心者の安全運転のコツについてまとめています。ライディングの基本やブレーキのかけ方などはマスターしておきましょう。

バイクの初心者が安全に乗るために気をつけたいこと

バイクの免許を取ったばかりだと、道路を走るのは少し不安がありますね。

バイクを安全に乗るために、バイク初心者の安全運転のコツを知っておきましょう。

事故などを防ぐためにも覚えておきたいものです。

★ライディングの基本

バイクを安全運転するためには、正しいライディングポジションを維持しましょう。

乗るバイクの車種によって多少ライディングポジションは変わりますが、基本的なことは力を入れすぎないことです。

初心者だと緊張して全身に力を入れてしまい、体がガチガチになってしまうものですが、肩や腕の力は抜きましょう。

そして目線は広く、遠くを意識します。

無理な走りをしないとか、右左折のサインは早めに出すといった交通マナーも守りましょう。

★ブレーキはリアから

バイクは車と違い、バランスを保って運転しなければなりません。

そのためには危険を予測しながら走ることが大切です。

道路の継ぎ目の段差やマンホール、落ちている小石などで起こる危険を予測しながら走ります。

危ないと思ったら早めにブレーキをかけて減速しましょう。

ブレーキは一般的にリアからかけます。

そうするとバランスを崩すことなく運転できます。

★講習会もおすすめ

初心者向けにバイクの運転の講習会が開催されることがあります。

安全に走る方法や運転テクニックを教えてくれますので運転に自信がない人はぜひ受けてみてください。

バイク仲間に出会う機会でもあるのでおすすめです。

費用は無料の場合もありますが、講習料は必要と考えておいた方が良いでしょう。