ここだけのバイク講座

MENU
バイクの免許の種類と取得費用
MENU
バイクの初心者が安全に乗るために気をつけたいこと
MENU
バイクで必要な保険と税金について
MENU
バイクの維持費はどれくらいかかる?
MENU
バイクに乗る時におすすめのスタイル
MENU
初心者のバイクの選び方について
MENU
所有するモデルのバイクがプレミア付き。高価買取りしてもらえる?
MENU
ツーリングに出かけると「バイクを高く売れない」のはホント?
MENU
スズキのバイクは生産終了のバイクでも高値が付く。その理由は?

ツーリングに出かけると「バイクを高く売れない」のはホント?

ここだけのバイク講座のメインimage

バイクでツーリングしたら買取価格が下がるのか?「それは事実。ツーリングの悪ふざけに問題あり」と回答とします。

ツーリングに出かけると「バイクを高く売れない」のはホント?

バイクの乗り方にもいろいろあります。

何が良くて何が悪いポイントなのか、バイク買取を念頭にお話ししましょう。

■市街地走行よりツーリングに危険信号が。

バイクの査定ポイントでトップにあげられるマイナス要素は、市街地走行の距離数ではなく、ツーリングやオフロードでの走行の長さです。

オフロードなどの走行は、修理するほどではないとしても、エンジンやサスペンションなど、あちらこちらが傷んでいます。

寿命が短いので、査定としては値が下がります。

同じ走行距離でも市街地走行はダメージが少なく、査定がそのぶん高止まりします。

■無理をする、カッコをつけるツーリングに注意。

ツーリングが悪いというわけではありませんが、仲間と走行すると自分のバイク操縦のペースが乱れます。

無理にエンジンを吹かしたり、ブレーキングして遊び半分に楽しんだりすることもあるでしょう。

そうしたことがバイクにとってのストレスになります。

無理はバイクでも人間でも禁物ということです。

覚えておきましょう。

■高値で買取してもらうために“おとなしく乗るバイク”は楽しくないものです。

あまり気にせず楽しみましょう。

高値買取りを前提にするのもいいですが、そのために自制してばかりのバイクライフでは、楽しさも半減してしまいます。

どんな接し方をするか、考えましょう。

割り切ってしまえばいいだけのことです。

しかしバイクには愛情をもって大切に~。